HOME>オススメ情報>アパートを売却するために準備すべきこととは何か

アパート売却の流れ

物件の相場価格を調べ売却に必要な書類を準備し、不動産会社に売却依頼をします。その後買い主と売買契約を締結します。

アパート売却、その前にしておくこと

現在の状況を把握する

権利証や登記書類の所在や内容をチェックします。

不動産会社に売却を依頼

安心・安全のために専門家に売却を依頼します。

売却タイミングを検討する

建物老朽化で資産価値が減るめに売却するのが良い。

アパートの売却相場の把握

取引事例や不動産情報から市場相場を把握します。

住宅ローン・相続への対応

ローンの残債がないか相続絡みか等をチェックします。

デメリットは少ないのか

不動産売買一軒家

アパート売却はデメリットが少ないという話がありますが、本当でしょうか。これは「デメリット」という言葉と「リスク」という言葉があるからです。投資用マンションなど、デメリットは少ないですが、平気で赤字が出ているマンションもあるため、そういった部分が「リスク」として扱われています。

不動産売却のメリットやデメリット

住宅模型

アパート売却のメリットを紹介しますが、まず次の投資のための資金を調達できるということです。より利回りの良い物件を探すための軍資金として、売却を一度する、という作戦を立てる賢い経営者さんも多いです。そしてデメリットですが、当たり前ですが収益が全く生まれなくなる、ということです。いくら次の投資の軍資金として売却しても、いずれは収益が入ってこない時期ができてしまいます。そのあたりも踏まえて売却を考えなければなりません。

リスクやデメリットの回避

マンション

よく考えてアパート売却をすれば、赤字を出すことも減らすことができるし、1,2か月ぐらい収益が出ないことを見越して動くこともできます。メリットとデメリットのバランスをよく理解し、作戦を良く立てれば、デメリットよりもメリットの方が多いという状況を作ることが可能です。「デメリット」は回避できませんが、「リスク」は回避できます。そこが双方の違いです。上手に動かせば「リスク」は無くすことができます。知識とノウハウをつければ、安全にアパート売却が可能です。

広告募集中